映画『サマーウォーズ』 これぞ家族の愛の力

 本日は映画『サマーウォーズ』について語らせていただきたいと思います。真冬に夏真っ盛りの映画を紹介するのもなんですが、だからこそこの映画を見て暑くなって欲しいです!

 監督は、これまで『時をかける少女』、『バケモノの子』などを製作した日本を代表するアニメーション監督である細田守です。彼の作る映画の特徴として、何か近未来的な世界や不可思議な世界と絆、家族愛、親子愛といったテーマを組み合わせた作品を好むことです。

 

 世界中の人々が集うインターネット上の仮想世界OZ(オズ)。ユーザーは携帯などを使って、この仮想空間で買い物やゲーム、納税などの様々なサービスを利用できるそうです。 

 OZの保守点検をしていた主人公高二の健二。そんな時、片思いの夏希から実家に旅行するというバイトに誘われます。中二病らしく興奮し、承諾する健二君。

 しかしそれは夏希の祖母の誕生日のために、婚約者のフリをするとうものでした。しかも大家族で、健二君はタジタジ。

 

 意気消沈しながら、その晩眠りにつくと、携帯に数字が無数に並んだメールが送られてきます。数学が得意な健二君はそれをササッと解いてしまいます。

         しかしそれがOZの混乱を招くことに・・・

 翌朝、ラブマシーンと呼ばれるアバターがOZを破壊し、現実世界のインフラにまで影響を及ぼします。健二君と夏希さん一家は、事態を収拾すべく団結します。

 すごいのがこの一家、キングカズマと呼ばれる最強の格闘アバターを扱う子、公務員勢揃い、そして怒らすと怖いおばあさん、ラブマシーンの開発者がいたなど、とにかくこの一家を敵に回すとやばいのです。

 こういうとコメディ要素が強そうに見えますが(実際そうなのですが)、中盤、号泣のシーンがあったり、健二君が数学で本領を発揮したりと、夏希家の愛の力と世界の命運をかけた戦いになっていきます!

 ちなみに今作は同監督の「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム」からインスピレーションを受けています。というか物語のベースが完全に同じです。こちらもぜひご覧になって見てください!

 今年は映画「未来のミライ」という新作も公開されるので、お楽しみに!

「サマーウォーズ」の画像検索結果