映画『トランス・フォーマー 最後の騎士王』 カオスの極み

 本日は映画『トランス・フォーマー 最後の騎士王』について語らせていただきたいと思います。

 

 かつて映像革命と呼ばれ、かつてないほど爆発を撒き散らし、かつてないほど物語に意味がない映画が作られました。それが2007年に公開された映画『トランス・フォーマー』です。マイケル・ベイという、これまたかつてないほど破天荒なおっさんにより、創造された今作は、僕らをカオスな世界に連れて行ってくれました。

 もう10年以上前の話になりますが、今作を初めて観たときの衝撃はいろんな意味で忘れられませんでした。なんせ小さい頃におもちゃで遊んだロボットたちが大迫力のCGで暴れまわっているわけですから、興奮しないわけがありません!(それ以外がムチャクチャにしても!)

 

 全編を通して、脳が活性化され、ロボットたちの大バトルと時折挟まれる無駄なギャグに息もつく暇がないのですが、(むしろ褒めてます)、これが監督ベイおじさんの持つ、子供心なので許すことにします・・・

 

 今作は、2007年から始まった、シャイア・ラブーフ主演のシーリズが完結した後の続編として作られた作品であり、そのカオス性はさらに増幅されています。危険度マックスです。今どこで何が起きて、今話はどこに向かっているのか、物語が進むに連れて理解できなくなりますが、それでいいんです!なぜなら僕は、ベイが大好きだから・・・

そんなトランスフォーマーが大好きだから!

 

 彼はこのままいけば、ある意味ハリウッドの伝説になることは間違いないでしょう。今ストレス発散したい方、何か新しい扉を開きたい方?、何も考えずに映画を観たい方、今作をぜひおすすめするのでご覧になってください!! 

 

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』日本版予告編3

www.youtube.com