映画『ゴールデンスランバー』  その曲がすべてをつなぐ

 本日は映画『ゴールデンスランバー』について語らせていただきたいと思います。伊坂幸太郎原作の作品であり、これまた大作家伊坂先生の持ち味が存分に抽出されています!

 

 物語は首相暗殺の濡れ衣を着せられた、主人公青柳雅春の逃亡劇を描いており、かつてケネディ大統領を暗殺したオズワルドをモチーフにした作品です。(実際は、オズワルドが真犯人ではなく、背景に巨大な組織が関わっていたと言われています)

 

 伊坂先生の地元、仙台を舞台に、主人公の大学時代の同級生たちが物語に絡んでいき、青柳は意味も分からず、ただただ逃げ続けます。かつての仲間たちの力を借りながら、その時々で思い出す、ビートルズのゴールデン・スランバー。

 

 伊坂作品の特徴として、普通の日常や、時に非日常を描いていても、どこかノスタルジーや詩的な雰囲気を醸し出し、読者の心を懐かしい思いや温かい思いにさてくれるところにあると思います。

 

  今作も、映像化するにあたって、その雰囲気を損なわず、主演の堺雅人竹内結子の演技力はもちろんのこと、脇を固める俳優陣も原作通りのイメージですばらしいです。

 

 ゴールデンスランバーという曲は彼らにてってどんなものだったのか。青柳が最後にたどり着く運命とは・・・・

 

 文句なしの良作なので、ぜひぜひご覧ください!

 

 

映画「ゴールデンスランバー」プロモーションビデオ - YouTube

www.youtube.com