映画『ミュージアム』 カエル男と小栗旬

 本日は映画『ミュージアム』について語らせていただきたいと思います。『るろうに剣心』を監督した大友啓史、主演は小栗旬です。

 

 小栗旬は、これまでドラマや映画などで、美青年、ヤクザ、カッパ?など実に幅広い役を演じてきましたが、今作は刑事役として、その俳優としての演技力の一つの極みを見たような気がします。

 

 やはり小栗旬は、こういった泥臭く、アダルトな役が一番似合っていると思います。

 

現場に謎のメモを残し雨の日にだけ、残忍な殺人を繰り返す、カエル男。カエル男に妻子を狙われた沢村刑事(小栗旬)の精神を破壊していきます。

 

 冒頭から残忍すぎる映像描写が続き、目を背けたくなるほどですが、さすが大友監督です。容赦がないです。邦画でここまでやるのは、かなりの新境地ではないかと思います。

 

 今作に出てくるカエル男が何とも不気味で恐ろしく、その覆面の下は何とあの俳優でしたというのは少し驚きでしたが・・・・このカエル男に徐々に精神を破壊されていく凄まじさが、迫真の演技と映像演出によって、こちらも終始手汗を握っていました・・・!

 

 果たしてカエル男の目的とは!?  刑事の妻子は助かるのか!? 

       このスリリングな映画をあなたも一度味わって見ませんか?

 

 映画『ミュージアム』本予告【HD】2016年11月12日(土)公開

www.youtube.com