映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

 トム・クルーズが日本原作の小説に出演するということで、気になる映画だなと当時思っていました。

 

 宇宙からの侵略者「ギタイ」が地球を侵略し、滅亡寸前の近未来。トム演じるウィリアム・ケイジは、不本意ながらその戦場の最前線に送られる。周りの兵士や英雄リタ・ヴラタスキも次々と戦死するなか、ウィリアムもギタイに殺されます・・・・

 次の瞬間、目を覚ますと、出撃前日に意識が戻ります。そしてまた戦場に行き、次は違うパターンでギタイに殺されるも、また出撃前日に戻る自分。ウィリアムは、タイムリープの力によって、死ねば時間が戻る現象に気がつきます。そこから、この力を活かし、訓練し、敵の攻撃パターンを研究し、徐々にこの戦争を攻略していきます・・・

 

 タイムリープを扱った作品は数多くありますが、今作は尺の違いはあれど、少し鬼畜的に主人公が死んで行きます・・・笑

 

 幾多の戦争を乗り越えていくに連れて、まさに物語にゲーム性が生まれ、前はこれがダメだったから、これを試そう!のような、タイムリープものと戦争、この映画というメディアがもつ特性、つまりそのシーンを見た瞬間、前に見たシーンを思い返し、映画全体の物語性が増していく効果が上手く働いているなあ、とこの作品を見ていて思いました。

 トムも最初はポンコツだったのに、徐々に目まぐるしく成長していく姿は、気持ちよかったです。

 

 エンタメとしてかなりのクオリティに達していると思うので、ぜひおすすめします。

 

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』IMAX予告編

www.youtube.com