映画『LOOPER/ルーパー』

 過去改変ものにはいい加減、愛想が尽きた、もうネタが尽きただろ!というそこのあなた!

 

 本作はそんな過去改変ものとは少し趣向の違った作品です。

 

 2044年の未来。主人公ジョーは、未来の犯罪組織の依頼で、過去にタイム・トラベルしてくる強敵を処理する殺し屋、通称「ルーパー」。

 

 ある依頼で処理することになったのは、なんと30年後の自分なのでした。

 

 30年後のジョーには、自分を更生させてくれた奥さんがいました。しかしその奥さんが未来の犯罪王レインメーカーに殺されます。復讐心に燃えた彼は、タイムマシンに乗り、レインメーカーがまだ幼ないうちに殺そうとします。

 対して若いジョーは、おじさんになった自分を殺さないと、組織から命を狙われます。

 

 ここまであまりにもザッとですが、この映画のちょっとした小難し感が伝わったのではないでしょうか笑

 

 今作では、背景のタイム・パラドックスの複雑な設定は省かれ、(このことについては聞くな!と未来のジョー自身が言っています笑)ジョーの、レインメーカーになる子供を守るか、未来の自分を殺すか、そのドラマの部分が中心になっています。

 

 何より面白いのが、若いジョーを演じているのがジョセフ・ゴードン・レビットであり、未来のジョーを演じてるのが、ブルース・ウィリスです。両者は、顔は全く似ていないのですが、まさかのハゲネタで強引に押してきます!(そのシーンはとくとご覧あれ笑)

 

 でもやはり、タイムパラドックスものは、そのワードを聞いただけで、ある程度の面白さは担保されていると思うので、本作もその利点は(めんどくさい設定は飛ばされているにしても・・・)きちんと活かされていると思います。

 むしろあまり頭を使わずにご覧になることをおすすめします笑

 

映画『LOOPER/ルーパー』予告編

www.youtube.com